心うるおう映像の贈りもの、お届けします

闘魂の炎よ、永遠に

見上げれば、雲ひとつない青空でした。

晴天の霹靂とはまさにこんな日のことをいうのでしょう。

霹靂〝へきれき〟とは稲妻のことだそうですが、

今朝その一報を目にして走った色は、真っ赤…でした。

往年の彼が入場時に着用していたガウンの色は深紅

襟ラインは真っ青な今日のようなスカイブルー

ひとはそれを〝闘魂カラー〟と呼びました。

今日の青空に〝闘魂カラー〟を施してみましたが、これはガウンとはあべこべです。

彼に黒い縁は似合いません。どうか真っ赤に燃えたまんまの

色あせることのない額縁に

あなたの雄姿を飾って

お見送りしたいと思います。

聖火のように受けつながれていく

闘魂の炎をたぎらせて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA